生産方式

「ゼロppm」の生産性

生産において、偶然の入り込む余地はありません:
半製品でさえ冷間鍛造の前に、当社の品質条件に沿って独自に伸線加工されています。当社には、効率とスピードにおいて、世界でも無類の最先端の機械設備があります。

またすべて後工程が行われるので、どんな特殊な要望も叶えます。

ねじ転造に関しても同様であり、規格のねじ山以外にもオーダーメイドのソリューションを提供することは、当社の業務の一環です。

最後は表面加工部門が、技術的にも外観上も完璧な仕上げを行います。
このワークフローの背景には、経験豊かな熱意あふれるチームと的確なプロセスコントロールがあり、どんなエラーも許しません。

工具制作

工具の設計は、あらゆる特殊部品生産の心臓部です。当社の押出プレス部品と冷間鍛造部品は、最高6段階の冷間鍛造プレス機によって生産されます。1つの工具セットには、最大50個もの様々な工具が含まれています。設計や図面起こしから制作まで、スムーズで長期的使用に耐える工具制作には、経験や技術的ノウハウ、素材に対するセンス等が必要です。

当社の工具制作者と設計者は、実務経験豊富な鍛え抜かれたチームです。工具を熟知しているだけでなく、革新的なアイデアを実現し、当社のお客様に一層の効率をもたらします。例えば、従来のプロセスよりも、より低コストのプロセスを可能にするソリューション等によって。当社はメリットを、お客様に還元しています。

伸線加工

第一線の品質:当社独自の伸線加工を行うことで、束線の品質でさえ、当社が管理しています。焼鈍設備によって、製品の物理的特性は適切にコントロールされ、記録・保存されます。

このような独自のプロセスを経ることで、素材の安定した品質を保証するだけでなく、納期短縮にも一役買っています。

冷間鍛造

ワイヤの冷間鍛造に関しては、当社の機械設備は世界トップクラスの技術を有しています。一日一シフト当たり最高100,000個の生産量を誇るハイスピード設備と、複雑な形状の部材も一工程で製造可能な、最大6段階のプレス機があります。

最新技術を導入することで、従来はコストの高いCNC旋盤機でしか加工できなかったものが、より低コストな鍛造プロセスで加工できるノウハウもあります。経済性に加え、加工品の強度が高められるという、物理的利点も生まれました。

後工程

大規模なカムおよびCNCコントロールの旋盤機械を使った切削加工、穿孔、スリット、切り込み、完全研磨等の後工程のための設備により、お客様のご要望に沿った製品加工が可能です。当社は加工に必要なすべての機械設備を備えることにより、プロセス精度を確保し、柔軟性と経済性に優れています。

 

ねじ転造

右ネジ、左ネジ、おネジ、めネジの別を問わず、規格またはオーダーメイドに関わらず、従来型のねじ山または複雑に湾曲したものであれ、当社はあらゆる種類のねじ山を製造できます。通常はローラーや転造タップに用い、つまり、切削なしで、材料強度が得られ、最高の精度と経済性を兼ね備えた製品を作り上げます。

仕上げ加工

締結部品の耐腐食性向上には、製品の表面加工部門があります。例えば表面不活性加工を施し、技術的には耐久性を高め、適切な加工で外観も美しく仕上げます。

別途、コーティング等の表面性状に関するお客様のご希望にも対応いたします。

お問い合わせ先

電話: +60 5 292 2781
info(a)tigges.com.my